赤ちゃんが泣きやむ方法

subpage01

赤ちゃんが泣く時というのは暑い時、おむつ替えの時、おなかが空いた時というのが理由です。しかし、生後3か月くらいになってくると、その理由がなく大泣きすることがあります。しかし赤ちゃんが泣くというのは肺活量の成長でもありますから成長過程の一つともいえます。
しかし、夜間に泣かれたり静粛な場に居る時に泣かれたりすると、お母さんは何とか赤ちゃんを泣き止ませようとするでしょう。泣き止む方法にはいくつかあります。



自宅にいるならば音楽を聞かせたりテレビを点けたりして興味を引かせるのも良いでしょう。

外出中の場合には、まず一つ目はスーパーなどにある小さなビニール袋をシャカシャカ鳴らせてみましょう。



おなかにいた時のお母さんの血液が流れる音に近いそうで安心して泣きやむことがあるようです。
次に鏡を見せてみる方法です。



これはまだ自分を認識していないのですが自分と同じ動きをすることが不思議で泣きやむでしょう。


今の時代はスマホやタブレットで動画を見せたりするそうですが通信機器は電波を発しているので、あまり赤ちゃんのそばでは使わない方が良いという見解もあるようです。

何をしても泣き止まない時は、場所を変えると良いでしょう。


例えば屋内にいるのであれば外に出てみるのです。急な環境の変化によって泣きやむ子もいます。
赤ちゃんというのはまだ言葉を発することはありませんが環境の変化には敏感ですので安心をさせてあげることが大切でしょう。